新潟市の交通事故治療、むち打ち・腰痛専門 | ひまわり鍼灸整骨院
HOME>むち打ち損傷について

むち打ち損傷について

むちうち損傷について
>>むちうち症とは
自動車の追突事故などによって、頭部が鞭の動きのように前後に過度の屈伸をし、首の組織に損傷を生じたために起こる症状。頭痛・肩凝り・手足のしびれ・めまい・耳鳴りなど。(大辞泉より)

衝撃の大きさによって、症状の出方も変わってきます。

何も症状が出ない方もいれば、何年も痛みに苦しめられている方。
衝撃を受けた直後から症状が出る方もいれば、翌日や2~3日後に出てくる方もいらっしゃいます。

特徴としては、筋肉や靭帯の損傷はあるが、レントゲンの検査ではすぐに異常が認められる事が少なく、ほとんどが自覚症状のみという事です。
その為、症状はあるのになかなか損傷を認めてもらえないのが患者さんの一番悩まされるところです。
症状としては、主に以下の5つに分類されます。

 
①頚椎捻挫型

むち打ち損傷の中でも最も多く、全体の70~80%を占めているといわれています。

(主な症状)

・首の周りにある筋肉や胸・背中の筋肉の緊張。にぶい痛みや首、肩のこり

・首を動かすと痛む(運動痛)または押されると痛む(圧痛)

・腕や手・指がだるい、またはしびれたり力が入りにくい(上肢感覚異常、脱力感)

・頭痛、めまい、吐き気

 

②バレーリュー症候群型

衝撃によって首を損傷した際に、首の交感神経(興奮する時の神経)が刺激を受けたことによって

何らかの症状を引き起こしたり、脊髄に血液を送り込むのに重要な首の横にある椎骨動脈やそこから頭部へと続いている脳低動脈に障害が起こって、症状が出現する状態です。

(主な症状)

・頭痛(代表的な症状)

・めまい、耳鳴り、目のかすみ、視力低下

・後頭部の痛み、首や肩の痛みやこり

・左右どちらかの顔の痛み

・疲れやすい

 

③神経根型

椎間孔(上下の椎骨の下椎切痕と上椎切痕の間にできる孔)の内外における神経根の圧迫によって症状が起きる状態です。

(主な症状)

・頭から手・指までの感覚異常、痛みやしびれ

・咳やくしゃみ、首を後ろに反ったり左右に捻じったりすると症状が強くなる

・後頭部のモヤモヤ

 

④脊髄型

首の脱臼骨折を合併している場合や、元々首に自痛を持っている方(頚椎症や後髄靭帯骨化症(OPLL))は脊髄を痛めることがあります。

(主な症状)

・腕や手、指先のシビレ。

・足のしびれ、歩行障害

・排尿、排便しにくいといった膀胱直腸障害

・ごく軽い下肢の知覚障害や腱(けん)反射の亢進(こうしん)

 

⑤脳脊髄液減少型
脳脊髄液という髄液が頭の中にある脈絡叢というところで作られているのですが、衝撃によってそれを覆っている、くも膜という膜に傷が付き、そこから少しずつ漏れてしまう状態です。

むちうち症が何年も続いて治らない方はこの脳脊髄液の漏れが原因という可能性があるとも言われています。

(主な症状)

・立っていたり座っていたりすると起こる頭痛(横になるとラクになる事がある)

・頭から手足まで出てくる様々な痛み

・疲れやすい、睡眠不足、常にダルい

・天候に左右される頭痛やめまい、耳鳴り

・自律神経症状

・集中力や思考力

・女性では、月経困難など

・この他にも様々な症状などが出現します。
新潟市でむち打ち症を改善するなら

むち打ち(頚椎捻挫)は、事故直後の自覚症状が出にくい事と、医療機関のレントゲンやMRIなどの検査では異常が認められない場合も多い事から、治療が遅れがちです。しかし、治療が遅れてしまうと首痛や腰痛を始め、様々な後遺症をもたらす可能性があります。そのため、交通事故後は適切な施術を早めに受ける事が大切です。
新潟市中央区にあるひまわり鍼灸整骨院では、むち打ちに対して適切な施術を行っていきますので、安心してご利用ください。中央区はもちろん、西区や東区にお住まいの方もお気軽にお越しください。

問い合わせ