新潟市の交通事故治療、むち打ち・腰痛専門 | ひまわり鍼灸整骨院
HOME>シーン別による腰痛の対処法

シーン別による腰痛の対処法

シーン別による腰痛の対処法

日常生活における動作を少し変えるだけで腰痛対策になることもあります。病院や整骨院、整体院、鍼灸院での鍼治療と平行してご活用ください。

着席時の痛みには

着席時の姿勢は、立っている時より腰の負担が大きく、長時間同じ姿勢を続けていると腰痛を引き起こす原因となってしまいます。

着席時の腰痛改善のポイントとなるのが、正しい椅子の座り方にあります。椅子に深く腰掛けて背中の筋肉を伸ばし、腰を少しそらした状態で背もたれに寄りかかるようにします。背中からお尻までの全体で背骨を支える要領で座ると腰への負担軽減へと繋がり、痛み軽減にも繋がります。同じ姿勢を続けずに、適度に軽いストレッチなどを取り入れるのも効果的です。

起立時の痛みには

椎間板や椎間関節の歪みが起立時の痛みとなっているケースが多く、酷くなってしまうと椎間板ヘルニアを引き起こしてしまう可能性もあるため、注意が必要となります。こうした状態を避けるためには、右足と左足に均等に重心がいかないよう、それぞれの足に力を分散させるような起立時の心構えが必要です。また、骨のしなやかさが失われている事から痛みに繋がっているケースもあるので、ストレッチで腰まわりの筋肉をほぐしておく事も大切です。

就寝時の痛みには

仰向けや寝返りを打つ際に痛みが走るなど様々なパターンがあるかと思います。このような場合には、寝る姿勢や寝返りを打つ方法を変えてみると良いでしょう。実際に横になりながら、どの体勢なら痛みを感じる事なく眠る事が出来るのか探してみましょう。寝返りを打つ際には、膝を意識してゆっくり回転させるコツを掴めば、痛みを和らげることが出来ます。

新潟市周辺にお住まいで腰痛にお悩みでしたら、諦めないでまずはひまわり鍼灸整骨院にご相談ください。あなたのご期待に経験と実績、様々な施術法でお応えいたします。

問い合わせ