新潟市の交通事故治療、むち打ち・腰痛専門 | ひまわり鍼灸整骨院
HOME>肩こりになりやすい体型と体質

肩こりになりやすい体型と体質

肩こりになりやすい体型と体質とは

肩こりは日本の国民病と呼ばれるほど、私たちにとって身近な症状です。肩こりの程度や痛みの感じ方は人それぞれで、症状がひどい方にもなると日常生活にも支障が出てきます。若い頃から肩こりで苦しみ、年を重ねても改善されず、慢性的な肩こりを抱えたままという方も少なくはありません。生活習慣以外にも肩こりを引き起こしている原因として体型や体質が関係している可能性もあります。こちらでは、どういった方が肩こりになりやすいのか考えてみたいと思います。

太り過ぎや痩せ過ぎの方

身長に対して体重が重過ぎたり、軽過ぎるのも肩こりを引き起こす原因になる可能性もあります。太り過ぎてしまうと基礎代謝が低下し、血液の流れが滞りがちになってしまいます。ハードな運動をする必要はなく、ウォーキングなど定期的な運動を取り入れ、脂肪を燃焼させて血液の流れの改善を心がけましょう。

また、痩せ過ぎだと筋力が弱まりやすく、身体の様々な部分に負担がかかります。特に頭は体重の10分の1の重量がある(50kgだと5kg)とされており、それを支える筋力が弱っていると首や肩への負担となってしまいます。

そのような負担は、やがて肩こりの症状となって表れてくる事もあります。肩こり解消・防止のためには、栄養バランスのとれた食事や適度な運動で理想的な体型を保つ必要があります。

冷え性の方

冷えは神経疲労や筋肉疲労の原因となってしまいます。これらの疲労が進行していくと、肩こりへと発展する可能性があります。食事や運動、衣類選びなど身体を冷やさないための工夫を日常生活に取り入れるようにしましょう。

このように体型や体質によって肩こりを発症してしまう事もあるので、心当たりある方は十分な注意が必要となります。病院の治療や整体院で思うような効果を得られずにお悩みでしたら、新潟市にございますひまわり鍼灸整骨院をご利用ください。土曜・日曜も施術を行っておりますので、普段はお仕事が忙しくて鍼灸院をなかなかご利用になれない方も大歓迎です。

問い合わせ