新潟市の交通事故治療、むち打ち・腰痛専門 | ひまわり鍼灸整骨院
HOME>鍼灸の歴史

鍼灸の歴史

鍼灸の歴史

東洋医学である鍼灸ですが、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。恐らく、身体に鍼を刺すので怖いと思っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、その鍼灸は前世紀の古代中国で誕生している歴史ある医学なのです。そこでこちらでは、鍼灸の歴史をご紹介したいと思います。

鍼灸の誕生から日本へ

東洋医学の歴史ある鍼灸は、2000年以上前の古代中国で誕生しています。当時に使用されていた鍼やモグサを用いた方法で施術していた事が文献に記されています。その鍼灸医学は、日本へ伝来したのは6世紀初頭、飛鳥時代に伝わりました。

飛鳥時代から日本での鍼灸

鍼灸医学は飛鳥時代に朝鮮半島から伝えられた後、鍼博士や鍼生という官職が鍼灸を扱う医療職が誕生しました。それから平安時代までは灸で施術する方法が中心に扱われ、鍼は主に外科的な施術にしようされていたようです。

その後室町時代の後期から鍼が盛んになっていきます。特にツボや経脈に関する研究が盛んで、江戸時代初期には様々な学術のある研究書がたくさん登場しました。

西洋医学の導入

明治時代からは西洋医学が日本に導入され、様々な伝統のある日本医学が衰退していきました。しかし、民間では灸の施術方法は広く普及しており、昭和初期には灸をテーマとした医学論文を発表する医師もいたようです。

戦後の鍼灸医学

戦後の日本の伝統ともいえる鍼灸医学は、様々な科学的な裏づけが証明されるのを求められるようになり、鍼灸に関する研究が様々なところで進められ、ヨーロッパの鍼灸団体との学術交流も行っていたようです。そして平成16年から伝統のある医学の国際標準化プロジェクトが開始され、鍼灸医学に用いるツボ位置などの標準化が定められました。

鍼灸は2000年以上前の古代中国から誕生し、現代でも活用されているもっとも歴史あるものです。怖いという固定概念は持たず、交通事故での後遺症、むちうちで身体のケアを検討している方がいましたら、鍼灸院を利用してみませんか。新潟市鍼灸院を検討されている方がいましたら、是非ひまわり鍼灸整骨院をご利用ください。

問い合わせ