新潟市の交通事故治療、むち打ち・腰痛専門 | ひまわり鍼灸整骨院
HOME>肩こりを悪化させないために

肩こりを悪化させないために

施術後に肩こりを悪化させないために

病院の治療や整体院でなかなか良い変化を得られずにお困りでしたら、新潟市のひまわり鍼灸整骨院までご相談ください。交通事故の後遺症の一つとされる「肩こり」に対して、根本的な原因を探り出し、適切なアプローチをさせていただきます。施術後の良い状態を保つためにも、私生活では以下の点に注意しましょう。

同じ姿勢をとらない

姿勢が悪い方、とくに猫背気味だと筋肉に負担をかけてしまうので、正しい姿勢を保つように心がけてください。また、長時間同じ姿勢でいると筋肉が緊張してかたくなり、肩こりを誘発させてしまいます。筋肉を出来る限り疲れさせないよう、空いた時間にストレッチを行い、コリをほぐすように意識しましょう。

目の休息

目の疲労が蓄積されると、肩こりの症状も重くなってしまう事があります。まばたきを多めにしたり、目を温めたり、目のツボを軽くマッサージして、眼精疲労を和らげるケアを行ってください。肩こりの症状もスッと軽くなってきます。

ストレスを溜めない

「病は気から」といわれるように、心の不調は身体の不調と直結します。ストレスを抱えた脳はコリや痺れに過敏に反応します。積極的に気分転換をするよう心がけ、痛み知らずの身体を目指しましょう。

運動不足の解消

車という便利な乗り物があるおかげで、現代人の大半は運動不足だといわれています。運動不足は血流低下・筋緊張増加・筋力低下を招き、結果として肩こりの元凶になり得ます。

普段から適度に身体を動かすよう努める事が大切です。エレベーターではなく階段を使う、少しの距離なら電車に乗らずに歩くなど、そういう小さな事でも習慣化するだけで大きな変化となります。

禁煙を心がける

タバコの煙に含まれるニコチンは、血管を収縮させ、血行不良を加速させます。その結果、肩や首周辺に老廃物が溜まりやすくなり、肩コリの症状も悪化させてしまいます。愛煙家の方には少し辛い事ですが、喫煙はなるべく控えるように努めましょう。

問い合わせ